こんにちは。株式会社O-GOEキャリアカウンセラーの石岡です。今回は、今、急速に広がりつつある「WEB面接」について気をつけておきたいことをご説明します。

 以前から遠方の学校に通う学生や、U・Iターン希望の求職者との面接に利用している企業もありましたが、ここ最近の新型コロナウイルス対策で一気に広まった感のあるWEB面接。交通費がかからない、都合が合わせやすい、不特定多数の人が出入りする場所に行かなくて済む等、いいことがいくつかあります。しかしながら、本当に熱意が伝わるのだろうかと不安に思うこともあるでしょう。

今回はWEB面接でもしっかり熱意が伝わるポイントも合わせてアドバイスいたします。

環境を整える

 ・雑音の入りにくい自室やネットカフェの個室
 ・パソコン(安定した回線があると尚良し)

 WEB面接でよく利用されるのはSkypeやZOOM等、パソコンを使ってのツールです。スマホやタブレットでもできる場合もありますが、お勧めはパソコンです。置いた時の安定感やカメラの角度調整のしやすさなどが違います。パソコンなら面接途中で電話がかかってきても中断されることはありません。
また、場所は自分の部屋か、他に音の入らない静かな個室を選びましょう。個室のあるネットカフェ等でも可能です。反対に人の出入りや会話の多い学校やカフェ、静かだからといって図書館などで行うのはNGです。

あらかじめアプリやツールは用意しておく

 ・ツールの登録やダウンロードをしておく
 ・通話テストをしておく
 ・相手から見えるアイコンや名前の確認

 WEB面接当日に慌てないために、あらかじめアカウントが必要なSkypeなどは準備しておきましょう。きちんと通話できるかどうか、スピーカーやイヤホン、マイクのテストしておくのも重要です。
また、すでに登録している場合に要注意なのが、アカウントのアイコンの画像や相手に見える名前です。アイコンの画像で試験に落ちるということまでは考えにくいのですが、見る人によっては不快を感じる画像や自分ではない写真(芸能人やモデル等)は替えておきましょう。また、本名ではなくあだ名やSNS用にハンドルネーム等を使っている方は、本人とわかるように直しておきましょう。

服装や背景にも気を付ける

 ・背景はなるべく何もない壁を選ぶ
 ・服装はスーツが無難
 
 自室で行う場合、背後に何が映り込むかを確認してください。クローゼットのドアが開けっぱなしだったり、いろいろなポスターが貼ってあったり、雑然とした印象を与えてしまうのは良くありません。なるべく何もない壁を背景にできるように位置を考えましょう。
また、服装にも注意が必要です。指定されていない場合はスーツを着るのが無難です。私服でOKと言われても、部屋着でいいという意味ではありませんので気を付けましょう。

5分前にはスタンバイを済ませておく

 ・5分前にはパソコン前にスタンバイ

 回線の不具合や音質調整等で手間取る可能性もあります。時間ピッタリではなく、5分前にはパソコン前に座って準備万端な状態になっておくのが理想です。
自宅からできると思うとギリギリまで油断してしまう方もみえるので、時間を気にして準備をしておきましょう。

はっきりと聞き取りやすい声で話す

 ・はっきりゆっくり話す
 ・目線はカメラに向ける

 WEB面接で一番がっかりな結果になってしまうのは、声が伝わらないということです。せっかく気合を入れて考えた志望動機や、熱意を込めた自己PRも聞こえていないと意味がありません。面接で緊張すると声は小さくなり、早口になってしまう方も多いでしょう。これは対面での面接でも印象が良くないのですが、WEB面接だともっと聞き取りにくくなってしまいます。いつもよりも大きく口を開いてはっきりと発音し、ゆっくり話すことを心掛けて下さい。
また、相手の映っている画面を見て話してしまいがちですが、「相手の目を見て話す」のが一番やる気が伝わる話し方です。WEB面接の場合はカメラに対して視線を向けるのがポイントです。やる気や熱意、本気度がしっかり伝わります。

まとめ


 WEB面接だったとしても、基本は対面の面接と同じです。質問される内容やチェックされる項目も同じだと思って下さい。しっかり準備をして、面接の練習もしておくのが大切です。
練習やどんな質問をされるのかなど心配な場合は、O-GOEでもWEB面談の相談ができますよ。