こんにちは。株式会社O-GOE キャリアカウンセラーの石岡です。
今日は、年代別に転職活動で気を付けたいポイントの20代編をご紹介します。

20代の方によくある転職理由


20代の転職希望者では、学校を卒業し入社した1社目の企業が「思ってたのと違う!」という相談内容が非常に多く見受けられます。社会人経験のほとんどない状態で企業を選ぶ場合、仕事の内容や環境よりも、企業の規模やネームバリュー、業界で選んでしまうことが多いためだと思われます。
「広告やメディアの仕事がしたい!」という方が広告代理店に入社、配属されたのは営業部で「本当は『作る側』の仕事がしたかった」という相談や、「名前を聞いたことがある会社だから安心だよね」と大手有名企業に入社したら、不況の折に部署が事業縮小になり、切り捨てられてしまったという話は、珍しくありません。
しかし、入社後すぐに離職してしまい、上記の理由を面接の時に話してしまうと
「どの会社でも好きな仕事ばかりできるわけがない」
「縮小されるような部署にいたということは、あまり期待できない人材なのでは」
とあまり良い印象を持たれません。
では、どのような転職理由なら面接で好印象を与えることができるのでしょうか。

20代求職者に企業が期待していること


企業(とくに若年求職者向け求人を出している企業)では、未経験でも応募可能であることがほとんどです。
つまり、求められているのはこれからの「伸びしろ」「ポテンシャル」の部分とも取れます。そんな企業に対し、「やりたい仕事ができなかった」「環境が合わなかった」というネガティブな転職理由はNGです。いかに「やってみたい」「挑戦したい」という前向きな気持ちを伝えられるかどうかです。
そのためにはもちろん、その企業の職務内容や事業内容をしっかり理解していなくてはいけません。企業研究をしっかり行った上で、求人内容がいかに自分にとって魅力的か、チャレンジしたい仕事であるのかをアピールすることが重要です。
入社して2~3年以内の転職では、職務経歴書に記載する実績がほとんどない場合があります。そんな方は、特に自分の持っている「ポテンシャル」に目を向けてもらえるような志望動機や自己PRを作りましょう。「もしかしたらうちで活躍する人材に育つかもしれない」と企業が思えば採用につながります。

例えば、これまで製造メーカーの現場製造職で働いていたとして、営業職の仕事に転職を希望したとします。転職理由を尋ねられ、「現場で一人黙々と作業に打ち込むのが辛かった」と言うのと、「現場でもお客様からの問い合わせに答えることがあって、お客様とやり取りをする仕事をメインにやってみたいと思った」と言うのとでは、聞く側の受ける印象が全く違います。
これまで営業の経験がなかったとしても、「営業職に向いているのかもしれない」と感じる転職理由であり、自己PRになりますので、企業が期待するポイントとなるのです。

気を付けるべき点


20代の求職者に対し、企業側が懸念しているのは「合わないと思ったらすぐ辞めてしまうのではないか」という点です。
「嫌な事があればすぐに辞めてしまう」「忍耐力のない人物」という印象は、どんな業界、どんな職種であってもマイナスイメージです。2社以上の職歴があると、ますますその印象は強くなります。
どうして離職することになったのか、自分なりにしっかりと分析し、もしそれが求人条件や企業のネームバリュー等で選んだ結果のミスマッチだったとしたら、次の応募先の探し方や基準を見直すべきでしょう。以前の就職活動で「安定」を求めて大企業に入社したけれど、転勤が多く、考えていた「安定」した生活とは違ったため辞めてしまったという人は、企業の規模よりも転勤の有無を気にしたほうが、自分にとって「安定」した生活を得られるのかもしれません。

まとめ


すぐに辞めてしまわないためにも、企業選定の基準を見直すことは大切です。
何が違ったのかをきちんと見極め、自分が前向きに取り組める仕事を探しましょう。
前向きな気持ちで転職活動を行うと、面接でも自然にしっかりアピールができます。

企業の選び方や自分に合った基準を、自分ひとりで考えることが不安な場合はご相談ください。キャリアカウンセリングで前向きになれる条件を一緒に考えます。