こんにちは。株式会社O-GOEのキャリアカウンセラー石岡です。さて、新しい時代の到来とともに働き方改革関連法もいよいよ順次施行ということで、有給が取りやすくなったり、残業時間に上限ができたり、具体的に働く時間を減らす方向へ日本は向かい始めました。
そこで今回は、働き方改革を理由に転職を考えるのはアリかナシかを紹介いたします。

会社の方針と実際の現場にはズレが…


働き方改革が施行されても、では明日から残業無しです!というほど、実際の職場環境は劇的に変わらないのが本当のところです。
大手企業や有名企業は人手に余裕もあるためか、比較的早くに取り入れられるかもしれませんが、日本の98%を占める中小企業・小規模事業者では行政にせっつかれるようにしてようやく「有給を取ってね!」「早く帰ってね!」というのがやっとです。
企業側が言ったところで、急に仕事量が減るわけでもなければ、人手が増えるわけでもないので、「明日の有給のために今日は残業だ」「残業できないから家に持ち帰るしかない」等、本末転倒なことが起こることも懸念されています。
これでは何のための働き方改革かわかりませんよね。
そうして、こういう現場を持つ企業は「ブラック企業だ」と言われてしまうのです。
こうした企業で働いている人から見れば「残業は月10時間未満」「有給取得率は80%です」「フレックスタイムで自由な勤務体制」等はとても魅力的な言葉に見えるかもしれません。
実際に現在、転職市場ではこうした宣伝文句を掲げている求人が増えました。

働き方から考える転職のポイント


『今いる会社では働き方改革なんて望めない、こうなったら自分の理想の条件の会社に転職だ!』と考え、転職活動を始める方はもう少しよく考えてみてください。
休日や休暇、福利厚生、働く時間や勤務地等、それらの条件はこの先「変わる可能性のある条件」だということです。
今回、働き方改革が法律制定で動いているように、また法律が変わらないとも限りませんし、もしかすると会社の業態や業績で変わる可能性だってあります。今、求人で提示されている条件に「絶対」はないのです。
目先の条件にばかりこだわり、「今の職場よりもホワイトだ!」と飛びついてしまうのは早計です。
もちろん、結婚や出産、介護や生活環境の変化などでライフスタイルに合わせた条件が重要になる場合もあるでしょう。
もっと家族との時間が欲しい、実家に近い所で働きたい、体調のことも考えて休みの取りやすい職場がいい等、そのような理由で転職をする方は今までもいました。
それをダメだというのではありませんが、それだけが理由では、良いと思った条件が変わってしまった場合に、また転職をしたくなる原因に繋がります。

働き方改革で都合の良い労働環境や労働条件にばかり目が行きがちですが、企業の理念や業務内容、職種や仕事内容ややりがい、キャリアアップの事なども考えて仕事探しを行う方がいいでしょう。

まとめ


転職を考えるきっかけは働き方改革かもしれません。自分自身の今の働き方がどうもしっくりこないなと思い始めれば、どうしても気になってしまうでしょう。
しかし、「どうもしっくりこないな」の部分を分析してみて、条件だけではなく、仕事内容や自分のやりたいこと、働くやりがいをどこに感じるのかまでを考えてから転職を考えてもいいのではないでしょうか。

1人ではなかなか分析がうまくできないと感じる場合は、キャリアカウンセリングで話してみるのもひとつの方法です。
転職したい!の前段階でも相談可能です。お気軽にO-GOEまでお問合せくださいね。