働きながら探す?辞めてから探す?


こんにちは。株式会社O-GOEのキャリアカウンセラー石岡です。
「今の仕事を辞めて、転職しよう!」と心に誓った瞬間、考えるのは仕事を辞めるタイミングではないでしょうか。
しかし、収入がない期間やブランクのことを考えると次の仕事が決まってから辞めたほうがいい気がしたり、先に辞めて自由に使える時間を確保したほうが早く仕事が見つけられるような気がしたりと迷うところでもあります。

今回は転職活動の進め方として、在職のままがいいのか、辞めてからがいいのか、私の見解をお伝えします。

働きながら転職活動を進める場合


働きながら転職活動をする場合と辞めてから転職活動をする場合、それぞれにメリットデメリットがあります。

まず、働きながら転職活動する場合のメリット
①経済的な安心がある
②職歴に空きができない
③生活サイクルが乱れない
④今の会社を退職しやすい
とうことが挙げられます。

①経済的な安心がある
仕事を続けているので、毎月給与は受け取れます。特に一人暮らしの場合などは収入がなくなってしまうと生活の維持に直結しますので、気持ち的に焦りが出てしまいます。収入を確保できているということはとても大きな安心につながります。

②職歴に空きができない
履歴書の空白期間は面接で説明しづらいです。履歴書や職務経歴書を書く場合に、ブランク期間がないことは企業採用者にとっては働く意思を確認しやすくなります。

生活サイクルが乱れない
仕事に行くだけで、生活リズムが保たれています。しかし崩れた生活サイクルを戻すのは大変です。体調を崩して休んでいる場合は仕方がないこともありますが、好きなだけ睡眠がとれたり食事のタイミングがまちまちだったりする生活をしていると働き始めたときにストレスがたまりやすくなります。普段から規則正しい生活を送っている方が新しい仕事にも健康的に臨めるでしょう。

④今の会社を退職しやすい
辞めたいという意思を伝えても退職届を受け取ってもらえなかったり、上司が面談の時間を作ってくれなかったり、なかなかやめさせてもらえない場合があります。(ブラック企業にありがちな消極的引き留め作戦ですが。)しかし、次の就職先が決まっていれば新しい会社への入社日を告げることで、引き留めにくくなり、結果として退職することができるでしょう。

反対にデメリットとしては
①時間が取りにくい
②活動が長期化する
③有給消化などが十分に行えない場合がある
等です。

①時間が取りにくい
働きながらなので、臨機応変には対応できません。応募先企業への面接や選考の日程調整がしにくくなります。タイミングよく休みが取れればいいのですが、「明日面接に来てもらえますか」等の対応は難しくなります。

②活動が長期化する
「明日でもいいか…」となりやすいです。一日働いて疲れて帰ってきてから、求人情報を調べたり応募書類を作ったりは大変だと感じる方が多いようです。少しずつしか進められなかったり、また経済的に不安があるわけでもないので焦る必要もなく、転職活動が長期化する傾向があります。

③有給消化などが十分に行えない場合がある
応募先企業から「早く入社してほしい」と言われた場合、断りづらく、慌てて今いる会社に退職の意思を伝えることになります。そうすると仕事の引継ぎや退職手続きに時間をとられ、結果として残っていた有給を使わずに退職日を迎える場合もあります。
また反対に、有給休暇を取ることを優先しようとすると期間内に十分な引継ぎができずに、今いる会社に迷惑をかけてしまい、「立つ鳥跡を濁さず」とはならずに禍根を残すことになる場合もあります。

退職してから転職活動をする場合


それでは退職してから転職活動をする場合はどうでしょうか。
メリットとしては
①活動に時間が使える
②いつでも面接や選考に行ける
③活動に全力を注げる
があります。

活動に時間が使える
仕事探しを優先できます。これまで仕事に充てていた時間を転職活動に使えるので、余裕をもって取り組めます。就職相談の窓口へ行くのも、応募書類を作る時間もたっぷりあります。
応募先企業のことを調べる時間も十分にあり、情報収集もしっかりできるでしょう。

②いつでも面接や選考に行ける
チャンスにすぐ対応できます。急募の求人や企業からの「すぐにでも面接しましょう」という場合に対応しやすくなります。「いつから入社できますか?」と聞かれても困ることなく「すぐにでも働けます」と答えることができ、レスポンスの良さをアピールできることでしょう。

③活動に全力を注げる
働きながらの転職活動はダブルワークにも匹敵し、かなり疲れる作業でもあります。仕事がなければ気持ち的にも体力的にも余裕があり、転職活動に全力で取り組むこともできるでしょう。

デメリットとしては
①収入がない
②活動が長期化した場合に空白期間ができる
③生活リズムが乱れやすい

①収入がない
働いていないため収入がなくなり、経済的基盤がないため不安になります。それでも生活はしなくてはなりませんし、就職活動にも移動費や書類の郵送等お金はかかります。貯金を切り崩しての生活は気持ちの余裕がなくなっていきます。

②活動が長期化した場合に空白期間ができる
当初の予定や想像していた以上に転職活動に時間がかかった場合、経歴に空白期間が生まれます。これは面接で必ずと言っていい程「この間は何かされていたんですか?」と質問されます。このブランクが長引けば長引くほど答えにくくなりますし、印象も悪くなりがちです。たとえ問題がなかったとしても体調的な不安やメンタル不調等を心配される要因になります。そのため面接での答えを準備する必要があります。

③生活リズムが乱れやすい
自己管理をしっかりしなければなりません。どれだけ自律的に生活できるかが重要です。時間を制限するものがないため、自由に好きなだけ時間が使えますが、その使い方は自分自身で律する必要があります。昼夜逆転の生活等、自由に過ごしているといざ働き始めるときに生活リズムを取り戻すことが大変になります。

自分はどちらの方のタイプか


自分の性格や行動傾向なども参考に、どちらの転職活動が向いているか考えましょう。

・お金が無くなるとものすごく不安
・休みの日はつい生活リズムを崩しがち
・マルチタスクは得意
・思い立ったら即行動ができる
働きながら転職活動タイプ

・辞めるなら有給は使い切りたい!
・仕事でも休みでも朝起きる時間は変わらない
・仕事探しに集中したい
・計画を立ててその通りに行動するのは得意
辞めてから転職活動タイプ

まとめ


仕事を続けながらか、辞めてからか、転職活動にはどちらも一長一短です。
働きながらの方は、転職の意思をしっかり持ち、時間管理、スケジュール調整、的確で無駄のない情報収集に努めることが転職活動のポイントだと言えます。
また、退職してからの場合は、自由に使える時間をフルに活かし、短期決戦のつもりで積極的に活動をし、ブランクを作らないことがポイントになります。

働きながらの方も、辞めてからの方も、自分1人で行うよりも使える手段は使ってしまった方が転職活動は当然スムーズに行えます。
もし、一人での転職活動が不安だったり行き詰りを感じたりしたら、O-GOEまでご相談ください。
それぞれの方に合った転職プランをご提案します。