こんにちは。株式会社O-GOEのキャリアカウンセラー石岡です。
今日は、弊社の就職支援サービスでイチオシの「職場見学」についてご説明します。

応募の前に見学するメリット


転職活動をしている方の中にはこのような経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

・求人情報に書いてあった感じと、実際の職場の雰囲気が違う
・思ってたよりも職場が暑い/寒い/暗い/狭い…等
・面接した人事の人は優しそうだったのに、現場の人が怖かった

これらは、入社後気が付くことが多いポイントですが、本当は入社前に知っておきたいという方は多いでしょう。
そのため、応募前に職場見学をすることをお勧めします。
見学をすることによって、文字の求人情報だけではわからない「雰囲気」「環境」「働いている人の様子」等を確認することができます。

職場見学のマナー


通常、職場見学と言えば「面接と同時」や「内定後に出勤場所の確認」となる場合がほとんどです。
見学には当然、案内や説明をしてくれる方が付きますので、企業としても忙しい中人手や時間を割く機会は減らしたいと考えることが多いからです。
そのため、応募前に見学に応じていただける場合はまず、この「相手は忙しい中、時間と人を準備してくれている」ということを念頭に置いて、感謝の気持ちを持つことが大切です。
また、せっかく機会を設けてくれるのですから、有意義な時間にする必要があります。
つまり、しっかりと見て、聞いて、わからないことを質問し、不安な部分を解消する機会にすることが重要となります。
なんとなく眺めて、「あ、大体わかりました」という感想で終わってはもったいないと考えてください。

職場見学では
感謝の気持ちを持つこと
興味深く見学し、たくさん質問すること
は基本マナーと考えましょう。

見学後の行動方針を決めておく


選考前の見学を受入れていただくということは、企業側としては「この後、求人に応募してくれるだろう」という期待をしています。
見学後、その企業の求人に応募するかどうかは早めに連絡したほうが良いでしょう。
そのためにも、見学前に何を確認するのか、どの条件がクリアであれば選考を受けるのか、基準を考えておく必要があります。
複数の企業を見学してから比べて考えたい場合でも、少しでも応募する可能性があるのであれば、その旨を連絡をしておくことをお勧めします。
あとから「1社目に見に行ったところが良かったな」と応募しようとしても、あまり期間が空いてしまっていると、企業側は脈ナシと判断し他の求職者の選考に入ってしまう可能性があるからです。

面接が苦手な人ほど見学を!


面接でうまく自己PRができなかったり、企業側と条件の交渉をするのが苦手な方ほど見学をしたほうが良いでしょう。
見学という一歩手前の段階だと、比較的質問もしやすく、また企業側も様々な情報を提供してくれます。フランクな雰囲気で話していただけるところも多く、お互いに些細な事や気になっていること、得意なことを確認し合う事が出来ます。
また、いざ選考に進んだ場合に、見学時に一度会っている担当者が面接官として入られることもありますので、緊張する要素が減ることでしょう。
見学時に良い印象を持っていてもらえれば、面接でもプラスの効果が見込めますので、一度企業を訪問しておくというのは非常に有効なのです。

まとめ


とはいえ、個人でいきなり「会社を見学させてください」と連絡を取るのはなかなかハードルが高い作業です。
担当部署がわからなかったり、日程の調整なども難しかったりすることが多いです。
三重県内で就職目的の会社見学をしてみたいというときは、ぜひ弊社にご相談ください。
様々な業界や仕事の見学をご案内させていただきます。