こんにちは。株式会社O-GOEのキャリアカウンセラー石岡です。
長引く就職活動中、ふと気が緩み、緊張の糸が途切れることがあります。人間は常に緊張にさらされていると大きなストレスを感じるため、自己防衛として無意識に緊張から自分を解放しようとします。たまには他のことに気を向け、気分転換をするのは大切な事なのです。
ところが一度緩んでしまった緊張感をもう一度取り戻すことが難しい場合があります。
それが行き詰るパターン7つ目の「やる気スイッチが行方不明になった」をご紹介致します。

行き詰る7つのパターン


①書類選考が通らない

②面接で話せない/話過ぎる

③業界が絞れない

④職種が選べない

⑤条件にこだわりすぎて自分を見失う

⑥もう自分なんて社会から必要とされてないんだと思えてくる

⑦やる気スイッチが行方不明になった

というわけで、今回は7つ目の「やる気スイッチが行方不明になった」をご紹介致します。

やる気スイッチが行方不明になった


適度な気分転換は必要です。人はずっと緊張していることはできませんし、もしずっと緊張していると健康に影響が出てしまいます。しかし、求職活動がうまく進まなかったり、色々な会社の選考が過密になったりすると、うまく緊張をほぐすことができなくなることがあります。
そうなる前に脳が「休もう」という指示を出すのですが、人間は休みが大好きです。楽なことにどっぷり浸かってしまうと「やる気スイッチの消失」が起こります。長い休みのあと、学校や仕事に行くのが面倒だな、と思うのも同じ現象です。

就職活動へ臨む気持ち


さて、行方不明になったやる気スイッチはどこへ行ってしまったのでしょうか。

そもそも、やる気スイッチとは本人が「必要だ」と思ったことにしか反応しません。
もしかすると行方不明になっているということは、貴方自身が仕事探しは必要じゃないと感じているからかもしれません。
行うべきは、今、自分がどうしたいのか、何をしなくてはならないのか、落ち着いて考えることです。
在職中で転職活動に対してやる気スイッチが見つからない方は、仕事を変える必要がないのかもしれません。
求職中なのにやる気スイッチが見つからない場合、もしかすると他に優先して取り組まなければいけない気がかりな問題があるのかもしれません。
やる気スイッチは今一番、貴方が行わなくてはならないことに現れるので、それが仕事探しでない場合は先にそちらを片付けた方がいいということでしょう。

「いやいやそんなことはない。すぐにでも仕事を探して就職したいんだ」という方はそれを声に出して言ってみましょう。
はい!それでやる気スイッチが入ったはずです。
そうです、「就職したいんだ」という気持ち、それを必要だと再確認することがスイッチを押すということです。

まとめ


声に出すことは大切です。もし可能であるならばそれを家族や友人など、他の人にも聞いてもらってください。有言実行という言葉があるように、宣言することで自分の意識を集中させることができますし、証人になってくれる人がいれば益々覚悟が決まるでしょう。

でもこっそり転職活動をしている、一人暮らしで話す相手がいないという方もみえるでしょう。そんな時は弊社にご相談ください。
秘密厳守であなたのやる気スイッチを確認させていただきます。