書類選考が通らない
こんにちは。株式会社O-GOEのキャリアカウンセラー石岡です。
転職活動をいざ始めてみたものの、なぜかうまく進まない、なかなか新しい仕事が決まらないという方がいらっしゃると思います。

弊社に相談に来られる方にはいくつかのパターンが存在します。

今回はそのパターンの内、よくある7つを紹介しますので、「あ、これ自分だ!」と思った方はご参考にしてみてください。

行き詰る7つのパターン

就職活動の悩み

①書類選考が通らない

②面接で話せない/話過ぎる

③業界が絞れない

④職種が選べない

⑤条件にこだわりすぎて自分を見失う

⑥もう自分なんて社会から必要とされてないんだと思えてくる

⑦やる気スイッチが行方不明になった

というわけで、今回は一つ目の「書類選考が通らない」をご説明します。

書類選考が通らない

書類の書き方

求人企業に提出した応募書類が返送されてきたり、お祈りメールが来たり、次の選考や面接につながらない方がいらっしゃいます。

そんな方に一つだけ、すぐにできる、誰でもできる、履歴書必勝アドバイスをいたします。

「自分の名前」を大きく書く

作り方を伝授

返送されてきたご自身の履歴書を見返してみてください。

おそらく「ここが良くなかった」等添削はされていないはずです。(過去に弊社求人に応募いただいた方の履歴書を添削してお返ししたことはありますが、そんなことをするのは私くらいだと思います。)

そのまま返ってくるのですからどこが良くなかったのか、わからない方がほとんどではないでしょうか。

さて、そのそのまま返ってきた履歴書が手書きである方、自分の名前の欄を見てください。

枠は大きいですね?

その枠に対して、書いてある名前はどうですか?

小さくありませんか?左端に寄りすぎていませんか?

そうです。それが問題なのです。

履歴書の名前を書く欄ってどうしてあんなに大きいのでしょうか?

「大きく書くため」です。

その広い空間をバランスよく使って、大きく、丁寧に、自信をもって、自分の名前を書いてください。

それだけで書類選考の通りやすさはぐっと上がります。

企業の採用担当者が履歴書を見るときに最初に目に飛び込んでくるのは写真と名前です。

名前が大きく書いてあるだけで「この人はしっかりしてそうだ」という印象を勝手に持ってくれるのです。

不安そうな小さな文字より、安定感ある大きな文字の方が見る方にも安心してもらえるということです。

まとめ

まとめ

枠内のスペースをバランスよく使う事で、仕事や人間関係に対するバランス感覚も備わっている、と無意識に感じるとも言われています。

たくさんの履歴書を見てきた採用担当者の中には名前の書き方を見てその先を読むかどうか判断する方も実際にいらっしゃるそうです。

どんなに資格をたくさん並べても、志望動機を書き込んでも、読んでもらえないと意味がありません。

「名前大きかったけどダメだった!」「手書きじゃない履歴書だった」という方は別の要因が考えられます。

名前以外の項目の書き方について知りたい方はぜひ個別相談にお越しください。

企業担当者が貴方に会いたくなる履歴書や職務経歴書の作り方を伝授いたします。